40代以降の歯周病と予防歯科

###Site Name###

40歳以上の年齢で自分の歯を失う原因として、最も大きな要因は歯周病です。

生涯を通して自分の歯で食事ができることは、とても幸せなことなのです。

今は予防歯科は注目を集めるようになってきましたから、大切な歯を失わないためにも活用することです。



歯周病で歯を失う確率は、全体の半数以上の数字です。継いでくるのは虫歯であり、40%保度の高い数字が出ています。
40代くらいまでは虫歯は増えて行き、50代に入ると歯周病により大切な歯は失われていきます。

自分の歯を80歳まで保ているように、早いうちから予防歯科を利用するべきでしょう。



日常的にも歯科医院では、歯の治療とは言っていますが、実は歯というのは治療できないものです。

iemo情報に対応した情報サイトです。

虫歯があれば虫歯を削り詰め物をしますが、これは治療ではなく歯の修理です。


削ってしまえば下のようには戻すことは不可能です。
虫歯は削ることで、その部分はどんどん減ることになります。
被せものや詰め物をした歯は、虫歯を患わない歯と比較をしたら、非常に寿命は短くなります。


酷いようですが一度でも歯科治療を行った天然の歯は、その先の人生において、繰り返して治療をする運命にあります。

繰り返し虫歯を削ることは、そのうちに歯はなくなるということです。
虫歯をきっかけにして、日本では多くの人が抜歯をすることとなり、最後には口の中は、総入れ歯といった状態です。

そうならないように、若いうちからの予防歯科は助けとなります。