Skip to content

コピー機のリースの契約期間について

コピー機のリースを考えるうえで、契約期間をどうするかは意外に重要なテーマです。

なぜなら、1ヶ月当たりのコストが変わってくるとともに、契約期間は解約できない縛りの期間とイコールになるからです。通常、コピー機のリース契約は5年が標準とされています。これは、国が定める法定耐用年数が5年間としていることに由来します。ただし、5年間の法定耐用年数に多少の融通が認められており、3年~7年の間で設定できるのが基本となっています。

では、契約期間をどのように設定すべきかという点ですが、コストを少しでも抑えたいということであればできるだけ長く設定すると効果的です。リース契約は本体価格×リース料率の金額を、期間(月数)で割った金額が月額料金とされます。長期間で契約すると除数となる期間が増える分、金額が割安になります。さらに、リース料率は期間が長いほど低くなります。そのため、契約期間を長くするとそれなりにコストを削減することが可能です。

一方で、コピー機の性能は出来るだけ最新のものにしておきたいという企業や、解約する可能性がある事業所、あるいはコピー機の使用頻度が極めて高いといった場合には、期間は短めに設定した方が良いでしょう。コピー機のモデルチェンジは通常3年程度と言われます。期間を3年に設定すれば、ほぼ常に最新の機種を設置することができます。使用頻度が高ければ、短くすることで故障のリスクを軽減することにつながります。このように、契約期間は設置する事業所の事情に合わせて決定すべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *