Skip to content

コピー機のリース契約には審査が必要

コピー機のリースを検討している場合、一つの課題となるのが契約をする上で審査を受ける必要があるということではないでしょうか。

審査はそれほど難しいものではないため、問題なく通るということもありますが、状態によっては、契約をすることが出来ないという場合もあります。コピー機のリース契約における審査を通過するために必要なもの、それは信用です。契約期間が数年単位という長期にわたるために、信用のない会社が審査を通過することが難しくなるのは仕方がない事かもしれませんが、営業実績がない場合や業績が悪いという場合には、審査に不利にはたらくことが考えられます。

新規企業で、営業実績もない会社がコピー機のリース契約を結びたいというときには、相手に信用することが出来る会社であるということを知ってもらう必要があります。具体的には、オフィスの賃貸契約を結んだ契約書や開業届、各種の講座を引き落としについての情報など一見すると基本とされるような書類を提出するということが重要です。

法人として会社を立ち上げたばかりでも、それまで個人事業主として活動をしてきた期間があるのであれば、そのことをアピールすることによって、審査に通る可能性が高くなるでしょう。なお、会社の信用は個人の信用情報が影響する可能性もあります。これまでローンやクレジットカードの支払いが滞っていた事があるという場合には、審査を通過することが出来ない可能性があるため、注意が必要かもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *