Skip to content

コピー機をリース契約

コピー機をリースしている企業が最近増えてきています。

これは、経費で落とすことが出来ますので、会社にとっては節約になるというのが最大の理由です。購入した場合は、メンテナンス費用もインクカートリッジ交換も自費ですので、意外と高くつきます。しかし、リースであれば日々のメンテナンスもやってくれますし、インクカートリッジも切れそうになったら交換してくれますので面倒なことも丸投げすることが出来ます。

そして、月々に支払う金額も一定ですので、支払う金額も最初からわかるというのも大変ありがたいことです。そして、最新のコピー機も格安で使えるというのも最大の魅力です。自社で購入した場合は減価償却が終わるまで使い続けなければなりませんが、リースであれば一定期間が過ぎれば新型と交換することが出来ますので、使い勝手が良いと言えます。さらに、パッケージブランも選ぶことが出来ますので、自社の規模に合ったものを選択できるというのも魅力がある点です。

ただし、コピー機をリース契約する場合は気を付けないといけない点がいくつかあります。まず、一つ目は途中解約が出来ない点です。大抵は五年契約ですので、最低でも五年間は使用し続けないといけません。しかし、この五年間を利用し続ければ結構お得です。会社を立ち上げる場合は、コピー機は自分で購入するよりリースしたほうがお得ですので、無駄な経費を削減したい人は使ってみることをお勧めします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *