Skip to content

コピー機のリース契約更新時における対応

コピー機をリース契約により使用する場合には、一定の期間例えば1年間などのような期間で借りるのが一般的です。

月ごとに支払う金額がおおよそ固定されるため、借りる側からするとある程度の目安が分かるメリットがあります。また、借り受けたコピー機のリース契約内容では、通常は故障時や設置、撤去などを業者側が請け負うようにしています。そのため借りる側の負担があまりないのもメリットとなるわけです。期間がごく短い場合などを除いて、一定期間借り受けてしかも使用頻度が高い場合にはこのコピー機のリース契約は有効となります。

また契約期間が満了したときには改めて業者を選定することで、よりコストを抑えることにつながります。複数の業者から見積もりをとるなどして、条件を見比べることでよりよいところとの契約になり得るものです。安価な条件であったりあるいはその他の項目で借り手側が有利となるような内容にしてあるなど、条件を見比べることが出来ます。

更新時にはなるべく早めに業者に連絡を入れることが肝要です。早ければその分だけ比較検討する時間に余裕が生まれます。時間があればその分だけより内容を精査しやすくなり、今までの経緯などを踏まえて条件の見直しなども可能となります。すなわち業者間での競争を促すことで、借りる側の条件をよくするとともに、コストカットにもつなげていきます。契約更新のタイミングはその絶好の機会になり得るため、業者選定の検討の余地が生まれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *