Skip to content

コピー機のリースはレンタルとなにがちがう

現代のオフィスにおいて、コピー機を最新のものにしているかどうかは人件費や経費などに大きく関わってくる重要な問題となってきました。

というのも複合機の機能が大変上がってきており、クラウドなどと連携して遠隔地から操作できるものや、FAXやスキャナーなどとしても併用できるものそれからプリンターなどとしても使えるものなどが増えてきているからです。最新のものを導入しているかしていないかによって、毎日の生産性が高くなるかどうかということが大きく変わってくるのです。

しかしながらそうした最新式のコピー機であれば高額になりがちであり、導入の際にまとまった資金が必要になってくるといった問題なども含まれています。そこでオススメしたいのが、リースやレンタルなどといったサービスをうまく活用することです。レンタルやリースなどといった方法は、購入とは異なり借りて利用する点では共通しています。

3年を基準として、それよりも短い期間の貸し出しをメンタルで3年以上のものをリースと呼ぶことが一般的です。もしも長い期間借りるのであれば、その部分だけ1月あたりのレンタル料貸出料は安くなるとは言えその場合に審査などが必要になるので注意しましょう。そのような時には業績や売上などをチェックして毎月の支払いが行えるかどうか、といったことを確認することになります。その審査が終わればすぐにコピー機が導入されオフィスで利用していくことができるようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *