Skip to content

コピー機リースのデメリットも知っておく

銀行から融資を受けられるのであれば、コピー機のリースはあまりメリットがあるといえません。

リースは所有権を得られないのに、総支払い額はコピー機を購入するよりも高くなります。確かに融資を受ければ利息を支払わなければなりませんが、それを加味しても高額です。では、コピー機のリースがどのような場合に使うと良いのかといえば、銀行から融資が受けられない場合や、融資枠を残しておきたい場合です。

リース会社から借りる場合は銀行の枠を圧迫することがないので、いざという時には活用することができます。新品を手に入れられるということや、全額損金に居られるということはメリットですが、途中解約することはできません。また、所有権は期間満了しても自分の所には来ませんし、再リースもやっていないかやっていても短くてあまりうまみはなく、新しい契約をする必要が出るなど、意外と使い勝手がよくありません。

良い点ばかり宣伝されることがありますが、このように意外とデメリットは多いので、よく検討して選ぶようにしましょう。場合によってはレンタルや購入を考えた方が良いです。コピー機のコンシェルジュサービスでは、導入を検討している方の事情を考えてどれがおすすめかを提案してくれます。すべてのサービスに対応できるので、特定の方式を勧められることがありませんし、親身になって相談に応じてくれるので、もしコピー機の導入に困っているなら活用してください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *