Skip to content

コピー機のリースの良いところ

コピー機のリースは、レンタルと似ているようで全然違います。

レンタルの場合は借りるだけなのでいつでも返せますが、リースの場合は代わりに買ってもらってその分の費用を分割で支払って利用させてもらう形になります。ただ、コピー機が自分の物にならないという点では共通です。自分の物にならないのに分割で料金を負担させられるならデメリットしかないと思うかもしれませんが、まず好きなコピー機を選べるという利点があります。

レンタルの場合は中古の機種しか用意されておらず選べませんが、リースなら新品を選ぶことが可能です。リースなら、全額費用を損金に計上することができるので、税務会計上のメリットがあります。ちなみに、購入した場合は減価償却で毎年少しずつしか計上することができません。もちろん購入した場合でも5年ほどで減価償却できるので、結果的には同じですが、毎月の支払いをすべて計上できることは最初の負担が軽くなるという利点があります。

どの選択肢が一番良いか決まっているわけではなく、各人の事情で古都となります。したがって、メリットを見てどれが自分にとってよいのかを考えていきましょう。リースが終われば返却しなければなりませんが、新しい契約を結べば新機種を利用できるようになります。買う場合は自分の物にはなりますが、新しい物を使いたければまた高額な費用を出さなければなりません。それが良いかは考え方次第ではあるので毛投資て選びましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *