Skip to content

コピー機はリース契約で大きなメリットがある

書類を作成するのには必ず必要なのがコピー機ですが、これらはリースをしたほうが結果的に良いというパターンも少なくありません。

創業して間もない企業で資金にあまり余裕がない場合には、購入するとなると数百万円単位の初期費用がかかります。

設置後もメンテナンスなどでお金がかかることになりますが。コピー機のリースの場合には月額使用料だけを支払えば良いシステムですので、無駄なコストをかけずに導入が可能です。サービスを提供している企業では、運搬から設置まで無料で行ってくれるケースも多いですので、最先端のテクノロジーが採用されているコピー機をリース契約することで、ビジネスにも役立てていくことができます。契約期間はレンタルよりも長く、決められた期間を使わなければならないという縛りはあるものの、トナーの代金が含まれていたり、メンテナンスを無料でやってくれるサービスなども入っていることがありますから、追加出費を強いられることなく使い続けられます。万が一不具合が生じたときにも、担当者が駆けつけてくれるので修理が必要なときの対応についても満足できることでしょう。

リースのコピー機の場合には、機種を様々なバリエーションからチョイスできますので、気になっている機種がある時にはそれを指定して使い始められます。コピー機の更新の際にリースか購入かで悩んでしまった時には、どちらが良いのかをしっかり考えてから導入すれば後悔することもありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *