Skip to content

コピー機のリースはまだまだ節約できるかも

コピー機のリースの相場は、標準的なマシンを導入する場合で月額2万円程度、それ以上の上位マシンを導入する場合にはさらに料金が上乗せされるのが基本とされます。

しかし、コピー機をそれほど必要としない飲食店やSOHOなどで取り入れるとなると、過剰な機能を搭載したマシンとなってしまうかもしれません。当然のことながら機能とリースの代金はほぼ比例関係にあるので、オーバースペックに陥ると無駄なコストが発生してしまうことになります。そうならないためには、希望する機能をあらかじめ決めておいて、それに合ったコピー機を選択することが必要となるでしょう。この点、リース会社の中には幅広いメーカーの多様な機種を紹介できるところも見られます。

各メーカーのマシンに熟知している会社を利用することで、ベストな選択が可能になります。こうした会社は、性能よりも価格を重視したプランを立てることも可能です。コピー機の1分当たりのプリント可能枚数や、耐久枚数、あるいは画質については少しダウングレードとなりますが、使用頻度の低い事業所やSOHOなどで利用する分には全く差支えのないマシンを紹介してもらえます。

さらに、大きな複合機を置くスペースがないオフィスに設置できるコンパクトなマシンの取り扱いも行っています。幅広いニーズに対応できるというわけです。もしも、現状のリース会社の提案力に満足できないのであれば、次の機会までに契約先を見直すことも視野に入れると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *