Skip to content

コピー機の場合のリースとレンタルの違いについて

現在のコピー機は「1台多役」として、大きな役割を果たしていることはご存知でしょうか。

まず単純に複写機能がとても優れている、と言う事も忘れてはいけません。一枚あたりの印刷スピードはわずか数秒そして数十万から数百万といったかなり多くの印刷物を使わなければいけないような時でも、コピー機内のメモリーが素早く画像を記憶して、スピーディーに行えるようにもなってきているので、10分から数十分程度で印刷物が完成してしまうことも可能なです。

サラダで印刷する際にその部数ごとに少し位置を変えていくため、閉じる等の作業もすぐに行えるようにはなってきています。また操作性等が非常に高くタッチパネル式の画面操作によって、どのような従業員であっても簡単に直感的にモノクロにしたり拡大縮小等を作ることができるようになってきているのです。そういった多機能のコピー機であるがゆえに、一台あたりの導入費用が変わってしまうのではないか、が問題になってきますがそれについてはレンタルやリース等といったサービスを適宜活用することによって、手軽に行えるようにもなってきています。

基本的にリースの方は3年以上の長期契約、レンタルの方は3年未満からわずか数週間であるといった短期契約をすることを呼ぶことが多いです。短期契約の方がランニングコストはかかってしまうとは言え、審査等が必要なくなってくるので、一時的にイベント事等で必要となるというような人におすすめと言う事が言えますが、長期的にオフィスで使い続けたいと考えている人にはリースを選択した方が良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *