Skip to content

コピー機のリースの手順を理解してスムーズな契約を

コピー機の機能は現在とても大きな発展を遂げていると言う事は、意外とご存じない方も多いのではないでしょうか。

ただコピー機に読み取らせたものを多く印刷するというだけがありがたかった時代から、現在ではスピードが混ぜられるような時代になってきています。その点レーザーとトナーを使うことによって、とてもスピーディーに数万枚から数十万枚といった場合の部数を印刷することが可能になってきており、しかもカラー印刷モノクロ印刷等様々な設定が行えるものも増えてきています。

それによって、顧客向けの印刷物を作る場合にはカラーにして社内向けの文書であれば、モノクロでいい等といった選択肢等を選ぶことによって、よりコストを抑えながら利用していくことも可能になってきているのです。それだけ機能が豊富になってきていると、一台あたりにかかってしまう出費が心配になるところですが現在ではレンタルやリース等といったものを利用しながら収益の一部をそちらに回しつつ活用するといったスタイルが終了になってきています。

レンタルとリースは一体何が違うのかと言うとそれは契約期間の長さです。短期契約の方をレンタルと呼び、長期契約の方をリースと呼ぶことが一般的であり、長期契約であればあるほどランニングコストがほとんどかからずにすると言う事が言えますが、イベント事等で一時的にだけコピー機が欲しいよと言った場合はレンタルサービスの方を選択することがお勧めです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *