Skip to content

コピー機リースの便利な点とデメリット

コピー機のリースとは、ユーザーがリース会社と賃貸借契約を結んでコピー機を利用することで、直接購入する場合と比較すると初期費用がかからないため手頃な料金で使用することができます。

ユーザーが自由に選べるので新機種を使うことができますし、購入するわけでもないので費用もかかりません。所有権がユーザーにないことから資産計上や会計処理の必要がなく、万が一故障した場合でもユーザーの故意による過失でない限り保険が適用されます。コピー機を使用するには買取やレンタルなどもありますが、これらとの大きな違いは所有権がどこにあるかです。

買取は販売店から直接購入するため所有権はユーザーですが、リースやレンタルの場合はそれぞれの会社に所有権があるため転売することはできません。コピー機を長期間使用するときは、費用面や会計処理の手軽さから一般的にリースが選択されますが、レンタルや購入と比べるといくつかデメリットもあります。まず審査があるため、リースしたくでもできない場合があるということです。

事業業績や運営状況に対して信用調査が入るため、審査に通らなければコピー機は使えないわけで、事業を始めたばかりの人や、多額の借財があるような企業は審査に通らないこともあります。もう1点は契約期間途中で解約できないことです。まったく中途解約できないわけではありませんが、解約を申し出た時点で契約満了までの期間にかかる費用を精算する必要がでてくることがほとんどなので、実質解約できないのと同じといえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *