Skip to content

コピー機のレンタルを行う際のメリットと注意点

コピー機のレンタルを行う際にはそのメリットを十分に確認するとともに、自社にとって本当に効果があるものかを確認することが必要となります。

レンタルと行ってもその定義は様々で、場合によっては自社で購入する場合に比べ割高となってしまうこともあるため十分に注意をしなければなりません。料金面やシステムを比較検討し、最適な効果のあるものを選ぶことが重要となるのです。一般的にコピー機のレンタルをする場合には、コピー機本体を借用し使用することになるため、企業の場合には機器を購入する費用を削減し他の費目にすることができるため、税金面で有利と考えられることが多いものです。設備を購入する場合した場合には減価償却が発生するため、毎年これに関する税金を支払わなければなりません。

しかしレンタルの場合には自社設備ではなく借用品となるため、この税金を支払う必要がないことがメリットとなります。ただし実際に支払う費用はコピー機を購入する場合に比べ割高となることが多く、またその他にメンテナンス費用や消耗品の費用なども考慮することが必要です。そのため、これらの料金と実際に機器を購入した場合の減価償却の費用を含めた合計を比較して検討することが必要となるのです。

最近ではコピーサービスを提供する方法が非常に注目を集めています。これはコピーの枚数に応じて料金を支払う仕組みとなっており、機器を社内に設置して自由に使用できる状態にしながら、実績に応じて料金を支払う仕組みとなっていることから、枚数が少ない場合には効果的な方法です。これらを含め総合的に検討することが効率的に利用する方法となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *