Skip to content

コピー機レンタルのメリットとは

コピー機を会社で導入するときには、レンタルまたはリースするという方法があります。

どちらが適しているかをよく考えた上で、導入することが大切です。レンタルについて考えてみましょう。まず数日だけの利用の場合などの短い期間であれば、レンタルのほうが便利といえます。いつでも解約が可能ですし、使用する際の申し込みにおいて審査の必要がありません。1日の使用料金については、リース契約よりも若干高額に設定されますが短い期間だけの利用であれば問題ない、と判断する人が多い傾向にあります。

リースよりもコピー機自体の機種やモデルが限られているという部分もありますが、印刷が出来れば良い・品質は気にしないのであれば十分に使用可能でしょう。コピー機をレンタルした場合、所有権は顧客にはありません。所有権はあくまでレンタル会社に存在します。これは勝手にコピー機を売買したり、廃棄されたりしないためです。

また、搬入設置費用や初期設定費用などは実費で負担することになりますので、費用をきちんと知っておく必要があります。会社によってはトナー代金は不要の場合もありますが、コピー用紙そのものについては実費となりますので、用紙はあらかじめどのようなものを使うのかを知っておくことが大切です。コピー機はリースという方法もありますので、使用用途や長期の期間の利用を希望する場合はリースのほうがメリットがある場合も存在します。会社にとってどちらが良いかを考えておくことが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *