Skip to content

レンタルコピー機の機種選定

デジタルファーストの時代といわれてはいるものの、紙の文書はやはり重要であり、ビジネスの世界で契約書や領収書、重要事項説明書などの書類が紙以外の媒体で提供されることはあまり例がないといえます。

それだけに控えを残す意味でのコピーの重要性も、これまでと同様に理解されているものと考えてよいでしょう。このような状況のなかで、オフィスにおいてコピー機は必需品ともなっているわけですが、実際に新規で購入するとかなりの金額となってしまいます。

特にデジタルとアナログの端境期にあって、コピー機のほうでもパソコンやスマートフォンからインターネットやローカルエリア接続を通じて直接データを受信する機能など、従来にはない新しい機能も導入されつつありますので、価格も機能に応じて高額となっていることを忘れてはなりません。コピー機をより安価に導入するための方法としてはレンタルがあります。

レンタルはリースと違って、レンタル会社にすでに取り置きのある機種から選定することになるため、完全に希望の機種が手に入るわけではありませんが、最近は各レンタルショップでも新機種導入には力を入れているところであり、おおむね希望が満たされることは少なくありません。この場合の機種選定の目安としては、やはり価格と機能が釣り合ったコストパフォーマンスのよさがあるかどうかに尽きます。一般的に複合機などの機能が多いものは高額で、コピーのみの機能しかないものは安価になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *