Skip to content

長期利用も可能なレンタルコピー機

企業の内部決裁などはデジタル化が進行していますが、役所への申請や届出をはじめとする多くの対外的な手続きには現在も紙の文書が用いられています。

そこで一度に大量の文書を正確に同じ内容で作成するには、引き続きコピー機に頼るのがもっとも有効な方法です。しかしコピー機が現在手元になく、新しく購入しようとする場合には、それなりの費用を捻出しなければならないことも事実です。経営に余裕がある企業であればよいとしても、中小企業が機器をそろえるには負担が大きく、別の方法があればぜひとも検討しておきたいところです。そこで考えられる方法として、コピー機のレンタルが挙げられます。

レンタルコピー機は基本的には短期間の利用に最適といわれています。類似のリース方式と比較した場合、トータルでの料金の積算額はリースのほうが少なくなることが見込まれる反面、リースでは契約期間の中途解約が認められないため、両者のメリットを比較検討すれば、おのずとリースは長期、レンタルは短期といった棲み分けができます。

しかしレンタルの場合であっても長期利用ができないわけではなく、リースよりも多少割高になったとしても、リースには代えがたいメリットがあることも確かです。たとえばリースであれば事前に審査があって、審査を通過した場合にのみ契約が認められますが、これでは個人事業主などは審査を通過できないおそれがあります。レンタルであれば審査がありませんので、安心して申し込みが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *