Skip to content

審査を受ける必要がないコピー機のレンタルサービス

会社を立ち上げる場合などに必要となるオフィス機器として挙げられるのがコピー機ですが、業務用として利用する大きなコピー機を買い入れるとなると高額なコストが発生するため、レンタルすることを検討する人が少なくありません。

コピー機をレンタルで借りる場合の注意点として挙げられるのは、レンタル費用はリースと比較すると多少割高になることです。そして機器の保証金や設置費用、配送料などといったイニシャルコストが発生します。また導入する機種は中古品がほとんどで、利用する方が機種などを指定することも出来ません。実際に利用しているときにも使用料だけではなく、故障したり消耗品を交換したりしたときに備えるための保守料が発生します。

保守料はレンタル会社からエンジニアが派遣されてコピー機のメンテナンスを行うため、そのエンジニアを派遣するための費用なども含まれるので割高になる訳です。利用出来る期間は1日間から利用することが可能で審査を受ける必要もないため、依頼してから実際に設置されるまでの期間は短い状態で利用することが出来ます。

解約については指定期間が前もって決められていたとしても、その期間中でも解約可能です。リースでコピー機を導入すると、安い費用で新品の機種を利用することが可能ですが、利用期間が長い期間で設定されることや審査を受ける必要があったり、期間中に解約出来ないデメリットもあるため、一時的に利用したい場合であればコピー機のレンタルサービスを利用するのが良い方法になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *