Skip to content

コピー機のレンタル契約と終了

コピー機をレンタル契約する場合には、契約書を取り交わします。

開始月日と終了月日などを確認し、また終了のタイミングにおける日割り計算などもチェックすることが大事です。場合によっては月初めの返却であっても日割りをせずに、月払いとしてその1ヶ月分を請求されることがありますので、注意が必要です。使用するときには日割りで、終了するときは月割という契約になっている場合、コピー機のレンタルには使用方法を考えるなどの対策が重要になります。

使用していない期間もその費用を支払わないといけないのは、不利益です。契約をしっかりと確認の上で利用することが求められます。借り受けるときの場所などのチェックも必要で、コピー機のレンタルを行う業者の店舗などで貸し出されることもあれば、持参してもらえることもあります。

最初の話し合いの時に確認をよく行うとともに、返却時の場所なども聞いておきます。また持参しなければならない場合には、事前の連絡方法なども合わせてよく聞いておく必要があります。連絡があってから速やかに返すのはよいですが、細かな条件などの設定をしているケースがあり、確認が欠かせません。一度、コピー機のレンタル契約を取り交わしてみることで、不明瞭な部分も見えてきます。今後のビジネスにおけるやり方に工夫が出来ることになります。それでも不利益にならないように、細心の注意を払いながら契約を行う心構えと注意力は必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *