Skip to content

故障したのを機会にコピー機をレンタルする場合の基本

小規模な企業は格安な中古のコピー機を購入することが多いですが、故障したのを機会にレンタルに切り替えるケースもよく見られます。

中古コピー機は壊れたときの修理などの対応が面倒ですが、レンタルであれば手厚いサポートが受けられるからです。しかし中小企業がレンタルサービスを利用する場合には、費用を最小限に抑えたいと考えるのが一般的です。無料見積もりで複数の会社が提案する条件を比べると、最もコストパフォーマンスに優れたプランの中から選べます。格安なコピー機をレンタルする場合には、故障などのトラブル時の保証体制に注目することが重要です。

年中無休で修理スタッフを派遣してくれる会社と契約を結ぶのが、オフィス内で安心してコピー機を使い続けるためのポイントです。オフィス内で契約書類を複写するのがメインであれば、モノクロで利用料金が割安な機種を選ぶことも可能です。けれどもプレゼンテーション用の資料や顧客向けのチラシを作成したい場合には、フルカラー対応の機種を選ぶのが理想的です。

レンタル会社に相談するときに利用実態を詳細に説明すると、最も使いやすくてお得な機種を紹介してもらえます。月々の利用料金を基準にしてサービスメニューを選ぶ企業もありますが、消耗品のコストも考えて契約内容を決めるべきです。特にコピー枚数が多い企業の場合には、オフィスサプライ用品の格安販売にも強い会社と契約を結ぶべきです。用紙とトナーを格安に売る会社を活用すると、長期的なコストを大幅に下げることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *