Skip to content

オフィスへのコピー機導入はレンタルにリースと買取

オフィスにコピー機を導入することを検討した際に、大きく分けると3つの方法があります。

レンタルとリースと買取であり、それぞれに良い点とマイナスと感じる部分もあるため、総合的に比較して判断をすることです。一見すると似ているので同じ仕組みに感じるレンタルとリースのコピー機ですが、確かに共通をする部分もあります。毎日オフィスでフル稼働をしていると、まるで会社で元々購入した機器のような気分になりますが、いくら使っても愛着がわいても、所有権は利用者にはありません。

導入後は毎日顔を合わせる機器であることから、そこにあって当たり前、使用できるのも当然の意識にはなるものの、会社にとっての資産ではないです。そのため固定資産税だとか、原価償却という支払いのための事務処理はありません。保守契約のあるコピー機になりますので、アフターサポートまで万全です。ローン購入や割賦に現金買取と比べた時に、若干ですが高額になることがあります。

契約をした利用客側が所有権を持つことはなく、不要と感じても売約を勝手にするのは厳禁です。調子が悪くなったからと言って、破棄してしまうのもいけません。コピー機のレンタルの所有権はレンタル会社にあり、契約者は法人だけではなく個人にも対応可能です。利用契約のできる期間は、数日から3年感程度になります。中途解約は可能であり、どの商品が良いかの選択は不可です。リースの所有権はリース会社にあり、契約者は法人のみ対応、利用期間は通常だと5年から7年間で、中途解約をすることはできません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *